« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

高齢者の健康支援 地域の活動

 地域の高齢化が進んで、現役を引退した団塊の世代が急速に地域に増えてきます。
今から地域の健康をそこに住む人たち自身が守らなければ、高齢者介護が現実的に難しくなってしまいます。
 そこで、地域の皆さんは自分たちの手で色々な企画を進め、地域ボランティアの養成を行っています。
 感声アイモは、健康維持・促進を目指すボランティア養成に最適の「健康発声法」を船橋市小室公民館で紹介しました。
(写真は「心と体が元気になる健康発声法」を紹介し、朗読を披露する木村紀子)
Cimg07343

 参加者からは、ただ話を聞くだけでなく、実際にどうすれば出来るのかという要望に直接応えてくれた。こうすれば簡単に健康になれる。素晴らしい企画だ。などの声が出ました。
 今後は、船橋市小室公民館の「さわやかサロン」での「健康発声法」をはじめとして、本格的なボランティア養成講座を地区社会福祉協議会の主催で9月に開催する事となりました。

 感声アイモが提唱する「健康発声法」は、寝たきり・車いすの方も含め自発呼吸の出来る全ての高齢者が簡単に出来て、健康の維持・促進に役立つものです。
 同時に、元気な声になって地域の児童青少年に色々な行事を通じて広める事ができます。
 児童の基礎体力向上にも貢献出来るので高齢者の生きがいづくりにも役立てる事が出来ます。
 今後は、さらにスキルアップを進め、地域ボランテイア養成を充実させ、より広く地域に貢献していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域のおはなし会・子育て支援

地域のおはなし会・子育て支援

 地域の子育て支援を広く進める為、鎌ヶ谷市の書店ブックラインで「おはなし会」を開催します。
このおはなし会は、今年の5月から始まりました。会場は、鎌ケ谷ショッピングプラザ3階の書店「ブックライン」です。ポスター参照(写真)
Pop2_2
紙芝居と絵本の読み聞かせに、小さい子供達が目を輝かせて聞き入っています。
 幼児期から直接 生の声で「紙芝居」や読み聞かせに触れる事は、脳の発達に非常に良いとされています。
 いくら科学が進んでも、機器を仲介せず自分の耳で直接良い声を聞いた経験が乳児・幼児・児童の情操教育に欠かせないものです。
 こうした地域の教育が、地域のボランティア活動に発展して高齢者の生きがいづくりと相まって大きな流れになる事を期待しています。
 その基本は「美しい日本語」です。元気な声は多くの子供に好かれ、語る方も聞く方も楽しく元気になります。
 無料ですのでお気軽にお立ち寄り下さい。多くの皆さんの参加を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »